脂肪がすべて定着するわけではない

脂肪注入による豊胸手術というのは、お腹や太ももから採取した皮下脂肪をバストに注入する施術方法のことです。自身の脂肪をバストに入れることから、手触りはもちろん見た目も自然に仕上がるのが特徴といえます。ただし脂肪注入による豊胸は、注入したすべての脂肪がバストに定着するわけではありません。 シリコンバッグによる豊胸の場合、人工物をそのままバストに挿入するために確実にサイズアップを期待することができます。一方、脂肪注入による豊胸では、注入した脂肪の何割かはバストに定着せずに体外に流れてしまいます。よって、施術直後のバストの大きさがピークで、時間が経過するとバストがだんだん小さくなっていくのです。腕の良くないクリニックで施術を受けると定着率がかなり低くなるので、気を付けた方がいいです。

ダウンタイムが長くなる

脂肪注入による豊胸施術の場合、ダウンタイムが長くなることもデメリットです。バストはもちろん脂肪を吸引した箇所に痛みや腫れなどの症状が、およそ2週間続くことになります。痛みに関してはやや強めの筋肉痛のような感じで、処方される鎮痛剤でコントロールすることが可能です。ただ、むくみや腫れが出るのを抑えるために、脂肪吸引した箇所にはサポーターやガードルなどをつけて圧迫する必要があります。ガートルを起きている時はもちろん寝ている時もつけることになるので、不自由な生活を強いられることになるでしょう。 さらに、脂肪吸引の際に皮膚を切開することから、施術から1週間後にクリニックで抜糸をする必要があります。施術後は長期的に休むことになるので、仕事で忙しい人にとって脂肪注入による豊胸は向いていません。